スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Stay my house』

『家に泊まりなよ』

Galとは2006年のAkasha Festivalで出会った。
会場で話、心が繋がり、お互い連絡を交換し、その後は年に1回のペースで『元気?』とメールのやりとりをする仲。
そんな彼がオーストラリアに遊びに行くと連絡したら
『家に泊まりなよ』
と言ってくれた。


シドニーのメグも同じように
『家に泊まりなよ』
と言ってくれた。


『家に泊まりなよ』

と言いたい。
皆が遊び来れる場所が欲しい。
世界中で繋がった人、新しい人、旅の途中の人、シェアーしたい人。
今はまだ言えないけど、絶対言える場所を創る。




“come and stay at my place”

I met Gal in 2006 Akasha festival.
Talk to him at floor, had soul connection, exchange both contacts and after that,
contact “how are you” once a year by mail.
When I contact him that I will visit Australia he said
“come and stay at my place”


Meg from Sydney said same things.
“come and stay at my place”


I want to say

“come and stay at my place”

Where everybody can come and enjoy.
People who been connected around the world, new people, middle of journey, people who want to share.
At moment I cannot say, but definitely I will create the place and can say.




Gal.jpg

GAL@Melborne

コメントの投稿

非公開コメント

『カテゴリ』・『Category』
『月別アーカイブ』・『Monthly』
『最新記事』・『Newest story』
『最新コメント』・『Newest coment』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。