スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『儀式』・『Ceremony』

飛び立つ








旅の出発が近くなると、ふと旅に行くことに対して不安が生まれる。
この不安は一人旅の場合に湧き出てくる事が多い。
たまに何らかのアクシデントによる中止まで望んでいる自分に出会った事も。
でも、当日朝起きて飛行場に向かっている時には
全てを忘れていて、ドキドキしている。
あの感覚が既に旅の始まりであり、
重要な儀式なのかもしれない。

次の儀式はいつかな?



Before the any trip, I feel uneasy towards the trip.
This feeling of uncertain comes up often when I travel by myself.
There was time when I met my self wishing some accident happen to cancel the trip.
But on the day of trip, heading to airport,
I have forgotten about all of it and full of excitement.
That feeling is already the begging of trip,
May be important ceremony

When will be the next ceremony?



スポンサーサイト

『Maitreya・Bush Party』



Party car


泥沼にはまり車を押さないと出れなかったり、
1時間以上は周辺をウロウロ、ついた場所はブッシュ。
着いたのは夜中の2時ぐらい。

オーストラリアのパーティーはキャラバンごとテントを張るからスケールが大きい。
快適を追及しておもいっきり遊ぶ。

バーティ中は嵐が来て、ほぼ泥沼状態。
会場まで皆、泳ぐ勢い。
妖精も一杯いたしね。


Got the car stuck in the mud and need to push the car,
Got lost and need to find the place for more than 1 hour and finial reached to the bush.
Got around 2 AM.

Australian party, they camp in with their caravan and the scale of tent site is big.
Everybody pursue the comfortable and play hard.

During the party the storm came and got almost flooded.
Everybody swim to the dance floor
Many pixy.

party.jpg








Party rainbow

晴れた瞬間にダブル・レインボー
the double rainbow when sun shows.

『Stay my house』

『家に泊まりなよ』

Galとは2006年のAkasha Festivalで出会った。
会場で話、心が繋がり、お互い連絡を交換し、その後は年に1回のペースで『元気?』とメールのやりとりをする仲。
そんな彼がオーストラリアに遊びに行くと連絡したら
『家に泊まりなよ』
と言ってくれた。


シドニーのメグも同じように
『家に泊まりなよ』
と言ってくれた。


『家に泊まりなよ』

と言いたい。
皆が遊び来れる場所が欲しい。
世界中で繋がった人、新しい人、旅の途中の人、シェアーしたい人。
今はまだ言えないけど、絶対言える場所を創る。




“come and stay at my place”

I met Gal in 2006 Akasha festival.
Talk to him at floor, had soul connection, exchange both contacts and after that,
contact “how are you” once a year by mail.
When I contact him that I will visit Australia he said
“come and stay at my place”


Meg from Sydney said same things.
“come and stay at my place”


I want to say

“come and stay at my place”

Where everybody can come and enjoy.
People who been connected around the world, new people, middle of journey, people who want to share.
At moment I cannot say, but definitely I will create the place and can say.




Gal.jpg

GAL@Melborne

『Rainbow continues』

Rainbow Temple の主、Guy(64歳)といろんなことを話した。

Rainbow Templeがどのようにスタートして今までの30年、Rainbow Templeの最終的な形、2012年の事、
2012年後の世界と何が必要か、愛、女性、Oneness, 自然と日々の素晴らしさ、息子(Isha), 
アボリジニー、Rainbow Templeの次の創作 “Ark”, 自分の人生を”play”として書いたり、
大切な意識を伝えることなど。


Yukiさん(Byron 在住、日食を追いかけるLucy号で繋がる)とも少し話、素敵なビジョンを聞く。
更なる素敵な人との繋がりが生まれ、その人たちが持っているエナジーで
この地域は素敵なコミュニティーが生まれそうだと思う。
Yukiさんはその中で中心な母親な存在だと会った瞬間感じた。


ありがとう。




I talked Guy(64 years old) a lot who is the founder of Rainbow Temple.
How the Rainbow Temple started and until 30 years of now, final image of Rainbow Temple, 2012,
after 2012 world and what we need, love, woman, Oneness, how beautiful the nature and every day,
his son (Isha), Aborigines, After Rainbow Temple “Arch”, to write a play of his life,
to tell the story to people of amazing vision.


Talked to Yuki(live in Byron, connect at boat “Lucy” that chase Total Eclipse)for a while and
heard the beautiful vision.
With more beautiful people get connected and the energy they have I thought there will
be nice community in this area.
I felt immediately that Yuki will be the position of “mother” in this community

Arigato


rainbow prism

『Follow the Rainbow』

「Rainbow Retreat」,「 Rainbow Temple」と流れて次は本物の虹を見たいな。
雨もよく降ることだし。

「 Rainbow Temple」はGayが30年以上かけて少しずつ自分のイメージを形にして手作りで作り上げている場所。
今も現在進行中で今はトンネルを掘っている。
今後は上空から屋根がマンダラのように全てが見えるように作ったり、
屋上から太陽の光が入ったらTempleに虹のプリズムが映し出されるようにしたり。

自分のイメージとビジョンを形にする素敵な場所と人。
そして生活。
「Rainbow Retreat」も長期滞在の人達は、色んな所を手直しして毎日を過ごしていたな。




With the flow of 「Rainbow Retreat」,「 Rainbow Temple」, I want to see the real rainbow.
May be many rains will help.

「 Rainbow Temple」is the place where Gay is creating and putting to reality by
handmade which come from all his imagination for 30 years..
Even now he is digging the tunnel.
For future plan, the roof will look like Mandara from top, makes the rainbow prism into
the temple when the light from the sun go through the roof.

Wonderful place and person who create from imagination and vision.
Also the life.
At「Rainbow Retreat」, for long stay travelers, they spend time fixing things every day.





rainbow temple vision
Vision





rainbow temple 1
Rainbow Temple





Rainbow retreat 4
Rainbow Retreat





follow the rainbow






『途中』『On the way』

ある旅人が言った。
『自分はスローな旅人なんだ。
旅をしてから30年たつけどまだ途中なんだ』



One of traveler said
“I am slow traveler.
I have been travelling 30 years and I am still on the way”




dream catcher



『Painting』

広い草原の中に牛や馬が木の木陰で休んでいるのを見たり、
森の中から聞こえる知らない主のなき声を聞き想像しながら心を豊かにする。
そして必ず自分がここで住んだらとイメージに色付けをする。

その中で旅に行く事がふと少し後ろ向きになってしまう時がある。
何か新しい場所に行って見る感動や会う人達の新鮮さ、ドキドキ感や達成感が弱くなっている。
何か。
自分が思考する事も。
変化の少ない旅の日々に『これで良いのか?』『これを求めていたのか?』と。
何よりも自分に話しかけている回数が減ってきている。
話す内容がうす色になっている。
一人旅が寂しいのかな。
一人以上の旅を知っているから。
シェアーする喜びを。
また一人旅も前みたいに慣れてくるのかな。

色付けを続けよう。



Watching big field, cows and houses resting under the tree shadow,
imaging who is singing and making the voice in the forest makes my heart rich.
Then always imagine myself living in this place and paint in colors.

There is a time when sometimes I feel bit backward, about the going to travel.
The touching that I always get when go to the new place,
the freshness of meeting new people,
the excitement and achievement is fading
Something.
Even the thinking.
When there is less changing of the day during trip, question myself “is this OK?”,
“is this what I wanted”.
Even more, the number of conversation that I have towards myself got less.
The topic of conversation color is getting pale.
May be travelling alone makes me lonely.
As I know the trip with more than myself.
As I know the joy of sharing.
May be I will get used to alone trip like old days.

I will continue painting the images



緑(草原)

『Chase the sun』

行きのマニラでのトランジットで早朝に作ったおにぎりを感謝しながら食べ、
メルボルン、シドニーと乗り継ぎ家を出て36時間後にやっとバイロンベイにある宿についた。

オーストラリアの通関では朝食用に楽しみにしていてマニラの飛行場で
手に入れたたまごサンドイッチ、スペイン・ニシン・サインドイッチを没収され、
重たい50セントのコインが財布に入った時にオーストラリアに着いたと感じた。

それにしてもオーストラリラ、ニュージーランドの通関は好きになれない。
毎回嫌な思いをする。その国の玄関なのに残念。



Ate rice ball with appreciation which I made early in the morning at Manila airport transit,
then transit to Melbourne and Sydney and reached to Byron Bay guest house after 36 hours from my home.

I felt I am in Australia when Australian custom took my breakfast of egg sandwich and Spanish sardine
sandwich which I was happily got at Manila airport, when heavy 50 cent was in my wallet.
I always cannot like the Australia and New Zeeland custom.
Every time I experience unwelcome atmosphere.
Sad thing as it is the entrance of country.

chase the sun






毎日、雨が降る。
3年ぶりの寒い冬から脱出し、太陽を求めてオーストラリアに解凍しに来たのに。
昼間のテントでの外の雨音を聞くのは眠気も増して好きなんだけど、夜の湿ったテントで寝るのは苦手。



Every day it rains.
I escape from of winter which I haven’t experienced for 3 years, decided to chase the Australia sun to melt my body and heart
I love listening to the sound of raindrops inside the tent during the day time, especially makes me sleepy, I am not good at wet tent at night time and sleep.



明日晴れるといいな。
Hope to see the sun tomorrow.



バイロンベイ
『カテゴリ』・『Category』
『月別アーカイブ』・『Monthly』
『最新記事』・『Newest story』
『最新コメント』・『Newest coment』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。